PS fun

遊びの専門家が本音で語るPlaySpot。

立川マシマシ名古屋店のマシライス

立川マシマシ9号店は愛知県名古屋市にあるラーメン店です。お店の名前のとおり、東京都立川市の人気ラーメン店の系列店ということで、開店当初からTwitterやFacebookで頻繁に取り上げられていました。

立川マシマシ名古屋店

お店の売りは、いわゆる二郎系のベビーなラーメンです。お昼時には多くのお客さんがお店の前に列を作るため、並ばずに入店することは難しいです。

 

専用の駐車場はなく、近くにコインパーキングがあります。
名古屋駅近くという便利な立地にあるため、多くのお客さんが公共交通機関で来店すると思いますが、私は仕事柄車で名古屋に向かうことが多いため、駐車場がないのは少し痛いです。


以前来店した時は40分近く待った記憶があり、待っている間にもコインパーキングの金額がどんどん加算された経験を活かし、今回は電車での来店です。

 

立川マシマシ名古屋店では、店内入って右側にある券売機で食券を購入するシステムです。
店内はとてもコンパクトな作りで、L字カウンター席が8席ほどと、4人掛けテーブルが1卓あるのみです。
席数が少ないうえ、太麺のゆで時間の長さから、ラーメン屋さんにしては回転は少し悪いかもしれません。

 

今回立川マシマシさんにお邪魔したのは、ラーメンではなく、マシライスをいただくためです。
Twitterなどでラーメンはたくさんレビューがあるのですが、マシライスのTwitter投稿などはとても少ないため、前回来店した時に、ラーメンに加えてマシライスをいただくつもりで来店したのですが、ラーメンの量の多さに圧倒され、結局ラーメンのみしか注文しませんでした。


結局らーめんのみでお腹一杯になったので、マシライスを追加注文しなかったことは正解でしたが、また改めて食べに来ようと思っていました。

 

今回注文したマシライスの値段は750円で、中ラーメンの値段と変わりありません。ボリュームは、ラーメンと比べるとかなり控えめです。

マシライス

マシライスは、背脂とひき肉を炒めたものとご飯のセットです。見た目の控えめな量に対し味はかなり濃厚です。味はとても私好みの濃い味ですが、脂分が多いため、たくさん食べると胃もたれするかもしれません。


それも見越してこの控えめな量になっているのかもしれませんが、ラーメンと同じ値段であると考えると、コスパの面ではどうしてもラーメンに分があります。
マシライスも十分おいしいのですが、次回来店した時にラーメンとマシライスどちらを選ぶかと言われれば、ラーメンを選んでしまうと思います。

 

場所が名古屋駅前で、アクセスがとても良いので、電車で名古屋駅に来た時にはまた立ち寄りたいと思うお店です。

<立川マシマシ 名古屋店>

住所:愛知県名古屋市西区名駅1-1-16

営業時間:
11:00~15:00(L.O.14:30)
16:00~翌1:00(L.O.翌0:30)

定休日:無休

完全禁煙

駐車場:無
(近隣にコインパーキングあり)