PS fun

遊びの専門家が本音で語るPlaySpot。

里山きさらのぎふジビエ 岐阜県揖斐川町

シャルキュトリ・レストラン里山きさらは、本格ぎふジビエが楽しめる珍しいお店です。

里山きさら

里山きさら

ジビエとは、狩猟によって捕獲される野生鳥獣(キジ・鹿・猪など)の肉を指します。
日本ではあまり食べられることはありませんが、海外では高級食材として位置づけられることもあります。

ちなみに、ぎふジビエとは、「ぎふジビエ衛生ガイドライン」により、解体処理、加工し、安全・安心を県より認定されたジビエのことを指します。
また、6次産業として国からも認定されており、狩猟から食品加工・流通販売までを一括管理して行っています。
こうした管理形態によって、高いレベルの品質管理を保っています。

休憩がてらコーヒーを飲みに、里山きさらを利用しました。

とてもきれいな店内です。

里山きさら

食事を食べるほどお腹は空いていませんでしたが、せっかくのジビエレストランですので、ジビエをいただいてみることにしました。


シャルキュトリというメニューから選びます。

シャルキュトリ[charcuterie]とは肉に火を入れるというのが語源のフランス語で、食肉加工品全般の総称です。

ジビエ盛り4種を注文しました。

里山きさらメニュー

出てきたのは、鹿ハム、鹿パテ、鹿ソーセージ、猪ソーセージです。
全てが初体験でしたが、イメージしていた獣肉とはかけ離れたお肉の旨みを感じます。
純粋にお肉がおいしいと感じます。

里山きさらはお肉もおいしいのですが、もう一つのごちそうはこの圧倒的な里山ロケーションです。

里山きさら

里山きさら

外を見ながらのコーヒーは格別。
時間を贅沢に使うことができます。
日本の里山の風景の良さを再認識します。

また、里山きさらでは、モーニングも行っています。
午前中の指定時間(8:00~11:00)にコーヒー1杯(450円)の値段で、
・ふっくらバタートースト
・美濃けんとんの手作りソーセージ
・ボイルドエッグ
・サラダ
が付いてきます。

次はモーニングにお邪魔したいです。

ちなみに、店頭ではお持ち帰り用のジビエが売っています。

里山きさら

お土産に買って帰るのも良いと思います。

<シャルキュトリ・レストラン里山きさらの情報>

住所:岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬1272-1

営業時間:
モーニング 8:00~11:00
ランチ 11:00~14:00
カフェ 14:00~17:00
ディナー 完全予約制 (17:00~)

定休日:毎週火曜日


<シャルキュトリ メニュー>

シャルキュトリー盛合せ(7~8種)
2,200円 (税込2,376円)

ジビエ盛り(4種) 猪ソーセージ/
鹿ソーセージ/鹿パテ/鹿ハム
1,280円 (税込1,382円)

鹿ハムサラダ
1,280円 (税込2,376円)

リエット バケット添え
500円 (税込580円)

レバーペースト バケット添え
680円 (税込734円)

鹿肉のロースト
1,780円 (税込1,922円)

鹿肉のロースステーキ 100g (要予約)
1,980円 (税込2,138円)

猪肉のソーセージ
680円 (税込734円)

鹿肉のソーセージ
680円 (税込734円)

パテ・ド・カンパーニュ(鹿)
880円 (税込950円)

パテ・ド・カンパーニュ(豚)けんとん
780円 (税込842円)

ソーセージ盛合せ
(けんとん3種・鹿ソーセージ)
780円 (税込842円)

けんとんソーセージ盛合せ(3種)
プレーン・チューリンガー・チーズ入り
580円 (税込626円)