PS fun

遊びの専門家が本音で語るPlaySpot。

那智勝浦町のバカ盛りマグロ丼ランチ 和歌山県

和歌山県の那智勝浦町にあるお店、海鮮Kinseiは質の良いマグロ丼を低価格で食べられることで有名です。お店は紀伊勝浦駅から徒歩10分程度の位置にあり、5台程度と少ないですが駐車場もあります。

海鮮Kinsei

海鮮Kinsei

海鮮kinseiは、同じく那智勝浦町で魚店を経営しているオーナーが営業しているお店で、勝浦港で水揚げされた質のよいマグロ丼を極めて低価格でいただくことができるおすすめのお店です。
お店は海に近い場所にあるため、磯の香りが漂っており、海なし県出身の私としてはそれだけで心が躍ります。

 

お店はカウンター席に加えテーブル席もあり、落ち着いた雰囲気の店内です。

海鮮Kinsei

海鮮kinseiのおすすめはズバリマグロ丼です。生マグロ丼は値段980円とリーズナブルながら量も多く、マグロの質も申し分ありません。以前お邪魔したときに注文しましたが、かなりコスパが高いと言えます。

そして今回注文したのは、前回注文することができなかった生マグロ丼の超大盛バージョンとも言える「バカ盛りマグロ丼(値段1,800円)」です。

那智勝浦町のバカ盛りマグロ丼

このバカ盛りマグロ丼ですが、お店の方がすでに「バカ」と命名しているとおり、常軌を逸した量です。ごはん1キロに加えてマグロは500グラムも乗っています。
前回は一人で来店したため、さすがに完食できないだろうということで注文できませんでしたが、この日は4人で来店したため、最悪皆に手伝ってもらうつもりで注文しました。

那智勝浦町のバカ盛りマグロ丼

「生マグロ丼」ですらそこそこのボリュームですので、「バカ盛りマグロ丼」のボリュームは圧倒的なものがあります。それでもマグロの質に抜かりはなく、鮮度が良く柔らかな食感で、とても満足のいくものです。乗っているマグロは「漬け」にされたメバチマグロで、ワサビと併せて口に入れるとご飯がいくらでも進むような気がします。


お味噌汁付きで1,800円という値段は、他店での通常のマグロ丼と大きな差はなく、お店側としてはかなりのサービスメニューであると言えます。

 

注文して損することはないクオリティですが、本当に「バカ」みたいに量が多いです。結局一緒に訪れた4人全員の力を結集して食べきりましたが、残すのはもったいないのでよほどの大食いでない限り、通常の生マグロ丼を注文した方が良いです。

海鮮Kinseiは、通常のマグロ丼でも十分な質とボリュームです。

 

<海鮮Kinseiの情報>

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地8-6-6

営業時間(ランチ):11:00~14:00

定休日:水曜日

全面喫煙可

駐車場:有