PS fun

遊びの専門家が本音で語るPlaySpot。

亀屋佐吉の和三盆かき氷 三重県四日市市

亀屋佐吉は、三重県四日市市にある甘味処です。毎年夏にはかき氷を求めて多くのお客さんが来店する人気店です。三重県四日市方面に仕事の予定がある時はいつもチェックしているお店です。

亀屋佐吉

亀屋佐吉の外観も内装もとても趣のある雰囲気が漂っており、夏の休日の午後ともなれば必ず順番待ちのお客さんが店の前で座って待っている光景を見かけます。
駐車場は店舗向かいにありますが、満車になることが多いです。夏の時期だけだと思いますが、臨時駐車場の案内がありますので、そちらであれば比較的停めやすいです。
過去に一度臨時駐車場の方に停めましたが、その時は幅の狭い道を進んでたどり着く位置にありました。

 

お店に入ると販売スペースがあり、その奥にテーブル席や小上がり席があります。
亀屋佐吉の今年のかき氷実施期間がいつまでか気になるところですが、お店の方に聞いたところ、今年は10月中旬までは提供するようです。期間中はフル回転でかき氷を作っていますとのことでした。

 

今回訪れたのは土曜日の13時30過ぎです。6組のお客さんが順番待ちをしている状態でした。
この日の待ち時間は30分程です。かき氷開催期間中はお客さんが多く来店しますが、多くのお客さんがかき氷目当てで来店し、当然かき氷を食べ終えたら帰りますので、お客さんの回転は比較的早いです。
夏の暑い時期の待ち時間はかなり過酷です。かき氷で涼をとりに訪れて熱中症になっては本末転倒なので、暑さ対策はしっかりしてお出かけください。

 

注文したのは白玉和三盆金時みるく(値段830円)です。値段が1,000円以下と高級かき氷としては手ごろなのにもかかわらず満足度が高いこのメニューがお気に入りです。

亀屋佐吉の和三盆かき氷

私は甘いものが好きなのですが、甘すぎると嫌というわがままな人間なので、亀屋佐吉の和三盆かき氷のすっきりした甘さがとても好きです。
そして和三盆と同じくらいおすすめなのはかき氷にトッピングされた白玉です。白玉は出来立てが提供されるようで温かさを感じることができます。食感がモチモチでトッピングの1つにもかかわらず手を抜いていません。さすが甘味処の提供する白玉だと思います。ちなみに金時は氷の中に隠れています。

 

お店が混雑している時はなかなかゆっくり長居して食べることはできませんが、かき氷期間中、四日市に来た際にはチェックしておきたいお店だと思います。

<亀屋佐吉の情報>

住所:三重県四日市市大矢知町200-8

営業時間:
(和菓子販売) 8:00~19:00
(喫茶) 10:00~18:00

定休日:月曜日 (祭日の場合は営業)

駐車場:有