PS fun

遊びの専門家が本音で語るPlaySpot。

cafe zakka hinataboccoのミルクレープ 岐阜県多治見市

Cafe zakka hinatabocco(ひなたぼっこ)は岐阜県多治見市にある喫茶店です。
ひなたぼっこはミルクレープがおいしく値段も手ごろということで、複数のメディアに登場しているこのお店ですが、行こうと思ってお店についていろいろ調べていると、いろいろ注意点があるお店だと分かり、本当にそうなのか確かめてみました。

まず、ひなたぼっこに9歳以下の子供は入店できません。
9歳という区切りに何の意味があるのかよく分かりませんが、子供が騒ぐ可能性があるからダメなのでしょうか。
しかし一方で赤ちゃんは入店可となっているらしいです。
年齢制限の意図は不明ですが、我が家の子供はまだまだ小さいため入れないようで、とても残念です。

上記については事前調査で分かっていたので、大人だけで13:00過ぎころに来店。
(ひなたぼっこを攻略するうえで、入店時間はとても重要です)

cafe zakka hinataboccoのミルクレープ 

ひなたぼっこの外観は正直喫茶店らしくない感じでしたが、店内はとてもキレイな落ち着いたレイアウトです。たくさんのお客さんが入っていました。

cafe zakka hinataboccoのミルクレープ 

ひなたぼっこのシステムとして一番重要なのは、ミルクレープが食べられる(喫茶として利用できる)のは14:00以降であることです。
これは本当に厳守されています。

私のこの日のプランでは、13:00過ぎにひなたぼっこ入店、ランチを食べ、14:00になったらデザートとしてミルクレープを食べるという計画でした。
私は結構早食いなので、14:00の15分前くらいにミルクレープのことを聞いてみたところ、14:00からしか受付できませんと強い口調で言われてしまいました。
そんなに強く言わなくてもと思いつつ、このお店のルールを無視するつもりもないので15分待って注文することになりました。

話はランチに戻りますが、この日ひなたぼっこで私がいただいたランチは、キッシュとサラダのセット1,600円です。

cafe zakka hinataboccoのランチ

ランチには、コーヒーデザートが付きます。
見た目は華やかで野菜が多く、女子受けはしそうなメニューですが、値段の割に量は少な目です。私はこの後ミルクレープを想定しているのでちょっと少ないくらいでも問題ありませんが、ランチ単体だけだとコスパはあまりよくないかもしれません。
味は値段相応で、かなりこだわって手作りされていることが伝わってきます。

そして前述のとおり、14:00ピッタリにミルクレープを注文。
ひなたぼっこのミルクレープは多数メディアに出ているとおり、圧巻のクオリティです。ランチのコスパに比べこれで670円であれば値段の割にお安いと思います。

cafe zakka hinataboccoのミルクレープ

ランチもそうでしたがミルクレープもかなりこだわって作られており、フルーツがごろごろ入っていてとてもおいしいです。
一日の数量限定であるうえ、お店のシステムがなかなか厳しいこともあり、気軽に食べられないのが残念です。
お客さんが行列をなして来ているうちはお店も変わらないのかなと思いますが、できればもう少し気を使わずに来店できるようになることを望みます。

<cafe zakka hinatabocco (カフェ ザッカ ヒナタボッコ)の情報>

住所:岐阜県多治見市宮前町2-38

営業時間:11:00~18:00
ランチタイム 11:00-14:00

定休日:水曜・第二火曜

席数:12席
(ソファー1卓、テーブル5卓、カウンター)

禁煙・喫煙:完全禁煙

駐車場:有
12台

注意点:9以下のお子様は入店できません。