PS fun

遊びの専門家が本音で語るPlaySpot。

恵那峡遊覧船からの大パノラマ 岐阜県恵那市

恵那峡遊覧船は、岐阜県恵那市にある恵那峡で運行している遊覧船です。恵那峡とは、大正時代のダム建設によりできたダム湖のことです。元々は名前がありませんでしたが、世界的に有名な地理学者の志賀重昂氏によって恵那峡と命名されました。

恵那峡遊覧船

ダム湖の右岸側にある「さざなみ公園」には湖の周りを歩くことができる散策路が整備されており、大自然の中の絶景を手軽に楽しむことができます。桜の季節や紅葉の季節が特に人気の恵那峡ですが、一年を通してその季節ごとの絶景が楽しめます。

 

恵那峡遊覧船は、その恵那峡をダム湖の中から見ることができ、観光客に人気があります。春夏秋冬を通じて観光客が訪れており、団体客も来ています。歩いて行ける場所に湯快リゾート恵那峡国際ホテルがあり、ホテルに泊まった方の多くが利用しているようです。

恵那峡遊覧船

恵那峡遊覧船の料金は大人1,280円、小人(小学生)640円です。ホームページに割引券とともに運行時間が掲載されており、夏の時期の運行本数が一番多くなっています。遊覧時間は約30分です。

www.tohsyoh.jp

なおホームページの割引券ですが、事前に印刷して持っていく必要がありますので注意が必要です。また、オンラインで前売りチケットを購入することもできます。割引券を利用すると、大人1,150円と小人570円になりますが、湯快リゾート恵那峡国際ホテルに宿泊する方は、ホテルのフロントでも割引チケットが買えますので利用するとよいです。

 

駐車場は広く、無料です。この日は平日に伺ったため、まったく混雑していませんでした。

恵那峡遊覧船

恵那峡遊覧船

乗り場にはエアコンが効いた待合室もあります。乗船券は自動券売機で購入することができますが、割引チケットを利用する場合は自動券売機ではなく窓口で購入する必要があります。乗船する遊覧船内もエアコンが効いていますので、夏の暑い時期でも快適に過ごすことができます。

恵那峡遊覧船

恵那峡遊覧船

恵那峡遊覧船

恵那峡には様々な岩があり、船内のアナウンスにより説明がされます。遊覧船はスピードがありますが、アナウンスの間はスピードを緩めてくれるので、しっかり景色を楽しむことができます。遊覧船同士のすれ違い時には波が発生し、遊覧船が大きく揺れるのですが、子供たちはそれがとても楽しいようで喜んでいました。すれ違い時以外は大きな揺れもなく、快適な乗り心地です。船内も広いです。

恵那峡遊覧船

また、近くにある恵那峡ワンダーランドの観覧車も船内から見ることができます。

恵那峡遊覧船

30分という時間はあっという間ですが、迫力のある屏風岩、軍艦岩、獅子岩、鏡岩をアナウンス付きで間近に見られるので、充実したクルージングが楽しめます。

<恵那峡遊覧船の情報>

住所:岐阜県恵那市大井町奥戸

TEL:0573-25-4800

FAX:0573-25-6983

営業時間:
4月1日~11月30日 9:00~16:30
※7月1日~8月31日までは8:30~17:00まで

12月1日~3月31日 10:00~15:00

定休日:
なし(強風・濃霧・増水など安全運行ができないときは欠航)

入館料:
大人 1,280円
小人 640円(6才以上12才以下)
幼児は大人1人につき1人無料、2人目からは小人料金

駐車場:50台(無料)