PS fun

遊びの専門家が本音で語るPlaySpot。

おかげ横丁の赤福氷 三重県伊勢市

赤福餅といえば、お伊勢参りの人々が購入するお土産の定番として超有名です。

私もよく利用する名古屋駅には、全てのキヨスクにおいて赤福餅が売っています。

もはや赤福餅が名古屋土産だと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

赤福餅は言わずと知れた、お餅の上にこし餡(あん)をのせた餅菓子です。

形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しています。

名は「赤心慶福(せきしんけいふく)」の言葉から二文字いただき、「赤福」と名付けたと言い伝えられております。

8個入り:760円【税込】
12個入り:1,100円【税込】
20個入り:1,860円【税込】

で購入することができます。


ただし、今回のお目当ては赤福餅ではなく、赤福氷です。

かき氷の中に赤福餅が埋まっています。


さて、赤福の夏の涼味「赤福氷」。

餡と餅は通常の赤福餅とは異なり、冷たい氷になじむよう特製されています。

そのお餅が抹茶蜜のかかったかき氷の中に入っています。

赤福氷

1つ520円【税込】

もちろん夏期限定の商品です。

ちなみに上の写真では、普通の赤福も同時に注文しています。


この日は暑さも手伝って、赤福氷は大繁盛でした。

暑い中、お餅はちょっとのどが通らないかなとも思ったのですが、氷に合うよう作られているせいか、バクバク食べてしまいました。

お茶もいただいて、大満足です。


全く信心深くない私ですが、もちろんこのあとは伊勢神宮にお参りしましたよ。

伊勢神宮

<赤福本店(おかげ横丁)の情報>

住所:三重県伊勢市宇治中之切町26番地

営業時間:午前5時~午後5時

朝5時にはお参りができるのに合わせて、毎朝5時に開店しています。