PS fun

遊びの専門家が本音で語るPlaySpot。

ストロベリーボンボンの待ち時間を調査 愛知県名古屋市中区

ストロベリーボンボンとは、愛知県名古屋市の名古屋テレビ塔に、4月5日にオープンしたアメリカフェ(AmelieCafe)で食べられる大きいパフェのことです。

私の周りの同僚が、やたらストロベリーボンボンを勧めてくるので、ずっと気になっていたのですが、話を聞く限りとても待ち時間が長いということだったため、待ち時間が嫌いな私は無視していました。
ただ、写真で見る限りはとてもおいしそうだったため、待ち時間嫌いの私と、スイーツ好きの私が対決し、スイーツ好きが勝ってしまったため、行ってみることにしました。

ストロベリーボンボン アメリカフェ

アメリカフェ名古屋テレビ塔店は、私が着いたころには長蛇の列。同僚には、「並ぶけど、我慢できないほどではないよ。」と軽く言われていたのに全然話が違う。正直ちょっとやめようかなと思いながらも並んでみることに。土曜日の午後2時頃という時間帯も、タイミングが悪かったのかもしれません。ちなみに、並んでいるのは圧倒的に女子が多いです。

結局この日並んだ時間は3時間ほど。途中からは「これは自らの普段の行いを戒める苦行だ」と思いながら待っていました。テレビ塔はこれまでも何度か来たことがあるのですが、そこまで長居したことはありません。テレビ塔にとどまった時間の中で一番長いかもしれません。

ちなみにボンボンとは、元々は韓国発祥のパフェのことのようです。ボンボンは、大きめの器にフルーツを詰め込んだものを指しているようです。

ストロベリーボンボン アメリカフェ

待ち時間3時間を我慢して手に入ったストロベリーボンボンです。サイズは確かに話題になってもおかしくないほどの大きさで、高さは25㎝あるそうです。高さが高いだけのパフェはたくさんあるのですが、このストロベリーボンボンは直径も大きいです。一人で食べるのはかなり困難だと思います。大きい分値段も高いです。一つの値段は1,580円でした。

味はというと、割と普通のパフェです。
イチゴと生クリームだけでなく、イチゴスムージーやフレンチトーストも入っており、ボリュームはあるものの、見た目のインパクトに対して味はパフェとしては想定内で、3時間並んでもう一度買いたいかと言われると、おそらく買わないと思います。土産話の一つとして1回経験すれば、十分のような気がしました。

テレビ塔に食べに行かれる方は、休日の待ち時間が半端ではないことを覚悟の上、来店してください。おしゃべり好きな方でも、待ち時間を潰すアイテムは必須だと思います。そして、待つのが嫌いな人は絶対連れて行かない方がよいと思います。

<Amelie Cafe[アメリカフェ] テレビ塔店の情報>

住所:愛知県名古屋市中区錦3-6-15 名古屋テレビ塔 1F

アクセス:
◆地下鉄東山・名城線栄駅徒歩3分
◆地下鉄名城線矢場町駅徒歩3分

電話:050-5286-5239

営業時間:
月~日、祝日、祝前日: 11:00~22:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:00)
ランチ:11:00~14:30(LO)
ディナー:15:00~21:00(LO)

定休日:年末年始