PS fun

遊びの専門家が本音で語るPlaySpot。

EaTown(イータウン)飛騨高山のとろける飛騨牛丼 岐阜県高山市

EaTown(イータウン)飛騨高山は、2017年4月5日にオープンしたばかりの巨大フードコートです。飛騨高山の名物を始め、地元の食材を使用した料理を食べることができます。
飛騨出身の私ですが、久々に高山市の市内に戻っていたところ、地元の友人からイータウン飛騨高山の話を聞いて、初めて知りました。EaTownは「イートタウン」ではなく、「イータウン」と読むそうです。観光の中心地である鍜治橋の交差点から少し北に行った場所にあります。

EaTown(イータウン)飛騨高山

イータウン飛騨高山は、株式会社まちづくり飛騨高山が整備したフードコートで、飲食物の販売を主体とした様々な小店舗が集まる外国人対応おもてなし拠点施設というコンセプトを持っているようです。

 

イータウン飛騨高山の建物の建築には、地産地消を意識してか飛騨の木材が使われています。テーブルやイスも木で作られており、とても温かみのあるデザインで、一見フードコートには見えないオシャレ雰囲気です。

EaTown(イータウン)飛騨高山

EaTown(イータウン)飛騨高山

地元の友人はイータウン内の、タイ料理店「イサーン」に行ったようで、とてもおいしく満足したという話を聞いていましたが、せっかくなので初来訪では飛騨らしい料理を食べようと思い、ミートマニアというお店を利用しました。

 

ミートマニアは、飛騨牛を使用した牛丼と牛のにぎりを売りにしたお店です。飛騨牛丼と飛騨牛のにぎり自体は、高山市内ではいくらでも食べられる場所があるので珍しくありませんが、気になったのはとろける飛騨牛丼(値段1,900円)です。

EaTown(イータウン)飛騨高山のとろける飛騨牛丼

このとろける飛騨牛丼は、普通の牛丼のように煮込んだ牛肉ではなく、牛丼用に開発された飛騨牛の生ハムが使用されています。

EaTown(イータウン)飛騨高山のとろける飛騨牛丼

価格は牛丼としてはかなり高めです。飛騨出身でありながら飛騨牛の生ハムをこれまで食べたことがなかったのですが、肉の旨みと名前のとおりとろける食感がとてもおいしいです。


一つ残念な点は、量が少なすぎるということです。特に男性であれば、この一品だけでお腹いっぱいにすることは間違いなくできないと思えるくらい少ないです。味はおいしいのですが、金額が高額なので、コストパフォーマンスという点では不満が残ってしまいました。

 

サイドメニューとして注文するには高いですが、食事目的の場合は、何か他の料理と組み合わせて食べた方が良いと思います。

<ミートマニア飛騨(MeatMania飛騨)の情報>

住所:岐阜県高山市本町3-38 イータウン飛騨高山

営業時間:11:00~19:00(売切次第終了)

定休日:不定休

完全禁煙

http://www.eatown-hidatakayama.com/meatmaniahida/